2009年12月21日

犬選びの際のポイント

◆被毛の特徴
抜け毛の量や、毛の長さも犬種を選ぶ際の大きなポイントの一つです。
毛の長い犬種はブラッシングや、時にはトリミングが必要になります。
抜け毛の量は犬種によりさまざまで、生え変わる時期になると、バケツ一杯もの毛が抜けるという犬種もあります。
ただし、毛の長さと抜ける量は関係ありません。

◆成犬になった時の大きさ
一般には、小型・中型・大型というわけ方がされています。
子犬の時は小さくても、あっという間に大きくなる犬種もあります。
犬の大きさは、飼い主の住居のスペースにも大きく関係してきます。
大型犬は小型犬に比べ散歩の量も増えます。
一方、小型犬は運動量はそれほど多くはありませんが、室内を駆け回ったり、無駄吠えが多いという傾向があるなど、飼い方への注意点が違ってきます。
成犬になった時の大きさをしっかり把握しておきましょう。


◆しつけのしやすさ
犬種によってしつけのしやすさは異なります。
また、一般的に、メスの方が性格が従順で我慢強く、しつけや訓練を覚えやすく、飼いやすいと言われています。


どういう犬種を飼うのかによっても、犬の飼い方はかわってきます。
お気に入りの犬種や、飼ってみたい犬種など、さまざまな思いや希望があると思いますが、まず、どんな犬が飼えるのかを考えてみましょう。
犬は一度飼い始めたら、少なくとも数年から十数年、長生きの犬では20年近くを一緒に過ごすことになります。
可愛いからとか、人気だからという理由だけで選んでしまうのは、犬にとっても飼い主にとっても不幸な結果になりかねません。

ほかにも、ライフスタイルや飼い主の年齢なども関係します。

ニックネーム 25lp at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1922709

この記事へのトラックバック